fc2ブログ

DSKパーソナルスクール名古屋校ブログ

現役高校生の大学受験ならDSKパーソナルスクール名古屋校。一人ひとりに最適な学習カリキュラムを提供するDPNSシステムと個別指導から集団指導までの幅広い学習法で成績を伸ばします。

名古屋駅前校は今日までオープンです

 先日もお伝えしましたが、この度教室を統合し千種駅前に「名古屋本校」がリニューアルオープンします。

 明日17日(月)より授業開始です。いささかご不便をおかけする方もいらっしゃいますが、これまで以上に充実したサービスを提供してまいりますのでご理解とご協力をお願い致します。

 名古屋駅前の現教室は本日までオープンしています。明日以降は移転作業のため利用できなくなりますのでご了承下さい。なお、連絡先も変更となります。新しい電話番号は052-731-8401です。お問い合わせ等はこちらの電話番号までお願い致します。

 新教室からもブログで情報発信を続けますので、引き続きよろしくお願い致します。(「お願い致します」ばかりになってしまった・・・)



DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。




スポンサーサイト



STAP細胞騒動にびっくり

 1ヶ月半前に、世紀の大発見と騒がれた研究がこんなことになるなんて思いもよらなかったことです。発表時、あまりに簡単に万能細胞ができるという内容に、かつて話題になってその後消えた「常温核融合」の話みたいだなとぼんやり頭の片隅で思ったのですが、「理化学研究所」「ハーバード大学教授」などの肩書きを見ると確かに事実なのだろうと思いました。

 STAP細胞なるものが本当に存在するのかどうかはまだ結論が出ていないようで、今後の研究に委ねられるのでしょう。発表時一躍スターとなった若き女性研究者はまるでシンデレラのように一時の魔法が解けて今は地獄のどん底にいるような気分なのでしょうか。

 工学や理学、医歯薬系など理系を志望する女子生徒の「夢」が壊れないことを祈ります(それにしても「リケジョ」という言葉はどうも好きになれない)。シンデレラのガラスの靴はどこかに残っているのでしょうか。



DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。



高校入試も終わりました

 愛知県の公立高校の入試もA・Bグループともに入試が行われたようで新聞に問題が載っていました。中学3年生の皆さんもこれまでの努力の成果が出たでしょうか。合格発表が待ち遠しいですね。

 私たちは主に高校生を見ていますので、各高校の「入学後」をよく知っています。中学生の皆さんが高校を選ぶ際の「イメージ」と、入学してからの「実際」とは若干ずれていることがしばしばあります。

 「○○高校は進学校のイメージで入ったのですが」―うーん、それは随分昔の話で実は今は・・・
 「××高校はスパルタでびしびし鍛えてくれると中学の先生から聞いたのですが」-うーん、実際その高校に通っている生徒たちを見ていてもそんな話聞いたことないなあ・・・

 とまあ、こんな感じです。あまりに「イメージ」と「実際」の落差が大きすぎると入学後ショックを受ける場合もありますから気をつけて下さい。これは大学生も同じで、あまりにその大学に対するイメージが肥大化すると入学後落差にがっかりしてしまうかもしれません。

 いずれにせよ中3生も高3生も春から新しい環境での生活が始まります。上手に適応して下さい。



DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。




国公立大学2次試験終了

 12・13日で全国の国公立大学2次後期日程試験が行われました。

 一部の公立大などこれから試験のところもありますが、東海地区では全ての国公立大学の試験がこれで終了しました。20日~23日にかけて合格発表があります。

 前期合格の喜びの声が届きましたが、後期日程チャレンジ組もいます。前期での悔しさをバネに後期日程で決めて欲しいと思います。

 かつて、センター試験で失敗、併願で受験した私大は全滅、前期日程も不合格、最後の最後「これがダメなら浪人です」と受験した国立大後期日程で合格、という生徒もいました。受験の女神は最後まで諦めない人に微笑むようです。

 受験した皆さん、あとは心静かに発表日を待ちましょう。最後までよく健闘しました。




DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。




 

今年の志願者数全国1位は

 今年の大学入試での志願者数全国1位は近畿大学だそうです。志願者数10万5890人で初めての1位、関東以外の大学が1位になるのも初めてのことだそうです。

 例年首位争いをしている明治大学と早稲田大学はそれぞれ10万4854人、10万5424人でわずかに近畿大学に及びませんでした。

 近畿大学は原則紙での出願を取りやめ、ほぼ全てインターネットでの出願に切り替えました。その分受験料も割引したことから、「安く手軽に」出願できるということで志願者が増えたと思われます。

 受験料が約3万円として、10万人だとざっと30億円・・・大学経営のためにも入試は必要不可欠なのです。



DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。

名古屋駅前の塾DSKパーソナルスクール名古屋校(東山線名古屋駅徒歩5分・ユニモール4番出口から徒歩3分)




 

名古屋外大と東京外大が協定

 本日(11日)付中日新聞に載っていました。

 名古屋外大と東京外大が協定を結び、単位認定や留学支援などで連携するそうです。名古屋外大の現在の学長である亀山先生は東京外大の前学長なので橋渡し役になったのでしょう。

 東京外大は神戸市外大と協定を結んでいるそうですが、私大との協定は初めてのことです。それにしても東京外大と言えば日本で最難関の外大です。そこと協定を結ぶとなると名古屋外大の注目度が高まる=受験生が集まる=入試難易度が上がる=優秀な学生が集まりさらに注目度が増す、という循環になることも予想されます。

 東海地区の私大では外国語系=南山大、という図式が長らく定着し名古屋外大は比較的地味な存在だったのですが、亀山学長が起爆剤となり今後名古屋外大が「台風の目」となるかもしれません。これに刺激を受けて各大学とも活気づくといいですね。




DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。

名古屋駅前の塾DSKパーソナルスクール名古屋校(東山線名古屋駅徒歩5分・ユニモール4番出口から徒歩3分)



教室統合のお知らせ

 この度、名古屋駅前にある教室と千種駅前にある教室が統合することになりました。新教室は千種駅前になります。これからはそちらが「名古屋本校」として東海地区の拠点校となります。

 現会員の皆様や卒業生の皆様にはすでに案内をしましたが、春休みより授業は全て千種駅前の教室で授業を行います。これまで名古屋駅前の教室に通って頂いた皆さんには心残りもあるかと思いますが、心機一転新しい環境で一緒に頑張りましょう。

 新名古屋本校
 名古屋市千種区今池2-1-6 千種橋ビル5階
 TEL:(052)731-8401



DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。

名古屋駅前の塾DSKパーソナルスクール名古屋校(東山線名古屋駅徒歩5分・ユニモール4番出口から徒歩3分)



春が来ました

 今日、先ほど去年の卒業生2人が顔を出してくれました。2人とも現役時代に悔し涙をのみ、もう1年受験勉強をがんばったのですが、その結果報告に来てくれました。

 鳥取大学医学部と神戸大学経営学部にそれぞれ合格が決まったとのこと。よかったよかった、万歳です。

 かつての塾生が卒業後もDSKを忘れずにまた顔を出してくれるというのは有り難いことです。2人ともこれからの大学生活に胸を膨らませて名古屋を離れていきます。きっと大きく成長することでしょう。楽しみですね。

 さて、卒業生のみならず現役生の結果も大変気になるところです。今日は名大の合格発表日。受験した生徒の結果が気になるところです。



DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。

名古屋駅前の塾DSKパーソナルスクール名古屋校(東山線名古屋駅徒歩5分・ユニモール4番出口から徒歩3分)





もうすぐ春です

 寒さがぶり返して風も冷たい1日ですが、いよいよ国公立大学前期日程の合格発表が始まりました。大学によって発表日は異なりますので、受験しに行った生徒達からの報告もばらばらとやってきます。明日が名大の発表日ですので、ここ名古屋では一番盛り上がる日となります。

 一方で公立大学の中期日程の試験が本日行われています。前期の合格発表を待ちながらの受験です。受験生は気を引き締めて全力を出してください。

 1・2年生の皆さんは公立高校を中心に学年末試験が終わり、これから春休みという人も多くいますが、東海、金城、椙山など一部の私立高校は今が学年末試験の真っ最中です。こちらも気が抜けません。明日日曜日も質問会を開催していますので、テスト勉強をしに教室に来て下さい。試験が終わった火もテスト直しなどで参加してもいいですよ。

 試験が終わって、合格発表が終わって、みんなに春が来るといいですね。



DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。

名古屋駅前の塾DSKパーソナルスクール名古屋校(東山線名古屋駅徒歩5分・ユニモール4番出口から徒歩3分)




新課程のセンター試験(理科)

 来年度のセンター試験で大きく変わるのは数学と理科です。特に理科はがらりと変わるので注意して下さい。

 これまでは「理科総合A」「理科総合B」「物理Ⅰ」「化学Ⅰ」「生物Ⅰ」「地学Ⅰ」から選択でしたが、来年度からは、
 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」からの選択に変わります。

 ざっくり言うと、「基礎」が付いた科目は主に文系の受験生が選択、「基礎」が付かない科目は理系の受験生が選択する科目と考えていいと思います。

 注意すべき点は、
① 文系受験生で「基礎を付した科目」を選択する場合、2科目選択して受験しなければならず、60分で2科目の問題を解くことになります。つまり1科目あたり30分ということです。

② 理系受験生は基本的に「基礎を付さない科目」から2科目選択です。これまでと変わらないように思われますが、旧課程では「物理Ⅰ」「物理Ⅱ」というように理科は「Ⅰ」と「Ⅱ」に分かれていました。センター試験の出題範囲は「Ⅰ」の分野のみでした。ところが新課程での「物理」「化学」「生物」「地学」はそういう区分けはありません。ということは、つまりこれまでの「Ⅱ」の分野もセンター試験の試験範囲に入るということです。試験範囲が格段に増えます。


 文系は「基礎」を2科目受験しなければならず、理系は従来の「Ⅱ」の分野までセンター対策で勉強しなければなりません。文系理系問わず学習量は増加します。

 現2年生の皆さんは先輩達よりもさらに早く受験準備を始めましょう。




DSKパーソナルスクールへの資料請求はこちらからどうぞ。

名古屋駅前の塾DSKパーソナルスクール名古屋校(東山線名古屋駅徒歩5分・ユニモール4番出口から徒歩3分)